嘉平豆腐店 > 嘉平ブログ > 豆腐ができるまで④ from 嘉人

豆腐ができるまで④ from 嘉人

2014/04/10

こんにちは!どうも7代目です。

最近は研究についてのプレゼンをしたり、実験をしたり、豆腐屋修行をしたりと忙しくしていました(^^;

かなり前回から時間が空いてしまいましたが、書いていきたいと思います!

 

今回は加熱した「呉」の分離です。

呉には、布で濾したら残る固体と、濾して抜けてくる液体が含まれています。

この固体がおから、液体が豆乳というわけです。

豆腐屋では、普通は機械でかなり強い力をかけてこのろ過を行います。出てくるおからは水分がかなり抜けていて、ふわふわしています。

機械は力が強い分、豆乳濃度が濃くなります。

手で絞る場合は機械よりも力が弱いので、おからに成分が残りやすく、豆乳は薄くなります。

ここまでで、豆乳とおからが完成しました!

豆乳を豆腐にするにはあと一工程だけです。

次回は豆腐にする過程を書いていこうと思います。

それでは、また次回に。

このページの先頭へ