契約農家さんへの訪問

新潟の大地で 地大豆 大豆圃場視察1毎度、お世話になっております。

嘉平豆腐店7代目です。

お盆の最終日、嘉平の契約農家さんへ訪問してきました!

 

この農家さんは旧巻町にある農家さんで、お米・お餅などとともに大豆も栽培されています。

この大豆はいわゆる新潟県の「地大豆」で、枝豆としてよく食べられています。

そして、以前この大豆を豆腐に加工したことがあり、本当に甘くてコクも深い豆腐ができました。

是非ともこの豆腐を皆様にお届けしたいという思いがあり、今回直接契約で栽培していただいてます。

 

収穫は11月以降になるので、皆さんへお届けできるのは来年になるかと思います。

やはり地元の方に食べていただきたいので、店頭販売・移動販売・イベント販売でお届けできればと思っています。

日本農業の本来の形である「地産地消」を目指し、豆腐屋として地域に貢献していきたいところですね。

第5回ニッポン豆腐屋サミット@京都,第1回日本一旨い豆腐を決める品評会

2015年6月20,21日に、京都で「第5回ニッポン豆腐屋サミット」および「第1回日本一旨い豆腐を決める品評会」が行われました。

豆腐屋サミットは、1年に1回行われる豆腐業界の最大イベントで、これまで4回にわたって開催されてきました。

今年は、6月、京都で開催されました。

そして、今回の目玉はなんといっても、「日本初の全国豆腐品評会」!

 

今回のサミットの運営に、私嘉平の7代目は実行委員として関わらせて頂き、品評会の責任者を任して頂きました。

まだ大学院の修士1年で、研究と同時に京都の豆腐屋さんで修行をしている身、こんなにありがたいことはありません。

今回が初の試みとなるので、全てが最初。

毎日の修行はもちろんやりながら、豆腐のエントリーから当日のオペレーションまで、飲まず食わず研究せずで計画を立てました。

 

当日はきぬ・もめん・充填豆腐の3部門全部で128点ものエントリーがあり、我が嘉平豆腐店もきぬ・もめんでエントリーさせていただきました。

嘉平の豆腐は残念ながら表彰されるには至りませんでしたが、結果のフィードバックを受け、良いところと改善すべきところを明らかにすることができました。

 

サミット後も熱が入り、日本一旨い豆腐を目指し、日々精進しております。

皆様にも「ほんまに旨い豆腐」をお届けしていきます。

 

暑い日々が続きますが、皆様体調にはお気を付けください。